HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトその他  »  ウイイレ2013 MLO監督モード雑記 ~戦術~
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ、お久しぶりです。

Jリーグも佳境、ヨーロッパチャンピオンズリーグもグループリーグ突破チームがちらほら出てきましたね。

さて、今回は戦術について。知っていることについて書こうと思います。
前に一度、戦術について書きましが、今回はその続きのようなそうじゃないような形でw


① 戦術
② パスのサポート意識
③ パスのサポート距離 
④ ポジションチェンジ
⑤ 攻め方
⑥ プレスの強さ
⑦ ディフェンスラインの高さ
⑧ コンパクトネス 

今作も前作ノ2012同様、上記の構成で出来ています。
なので、①については過去の記事を参考にしてください。

今回は ②パスのサポート意識 ③パスのサポート距離 について記述していきます。 

パスのサポート意識において、『セーフティ』『バランス』『リスキー』の3種類が存在し、値が低いほどセーフティに、値が大きいほどリスキーとなります。

さて、この言葉からすると、セーフティとは安全に回すこと、リスキーとは攻めのボールをたくさん出すことと考えていませんか?それは全然違います ※知っている方はすみません…。

なぜならば、このサポート意識とは、ボールの出し手ではなく受け手に関係しているのです!! これは監督モードでも同様なのです。

Relate Entry
Comment
24
KEYWORDS:

23
EXCERPT:

22
EXTENDED BODY PRIVATE:

21
-

以上はただ1つの例ですが、このように味方のもらい方の意識が変わります。

リスキーにするほどビルドアップが早くなり、セーフティにするほどビルドアップは遅くなります。

もし、自分でプレイもしている方は 、自分のプレイスタイルで戦術を起用に設定することがいいかもしれませんね。

さて、続きましてはサポート距離について。

こちらは、その名の通り、選手間の距離を設定します。

この項目は色々な項目と絡んでくる以外に深い項目なのです。

何も考えない限り、最初は初期の10でバランスにしておくことをお勧めします。

ただ、ここではサポート距離まで考えて戦術を練りたいという方のための有効な使い方の一つとして、

1970. 01. 01   URL 編集

20
-
●ボール保持者  〇ボールの受け手
1970. 01. 01   URL 編集

Trackback
Comment form
私も愛読しています!
人気漫画『ホイッスル』の続編!
舞台はサッカークラブの『裏側』!
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

PAGE TOP
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。